日焼け・色黒肌の脱毛

「脱毛前後は日焼けをしないようにしてください」
「色黒の方にはレーザーを強くあてることができません」
脱毛希望の患者様に対して、ほとんどのクリニックがこのようなことをお伝えしていることと思います。
では、いったいなぜ脱毛する前に日焼け等で肌を黒くしてはいけないのでしょうか。
今回は日焼けに気を付けるべき理由と色黒肌の方でも安全に脱毛する方法をご案内します。

脱毛前に日焼けに気を付けるべき理由

現在、脱毛に使われている多くのレーザーは黒い色素(メラニン色素)に反応して瞬時に高熱を出すという仕組みになっています。
そのため、肌が白いと毛の黒色のみにレーザーが反応するので、肌自体に影響を与えることなく安全に脱毛できますが、肌にメラニン色素を多く含む日焼け肌や色黒肌の場合、毛だけではなく肌にもレーザーが反応して高い熱が出やすいため、火傷やそれによる強い痛みを感じる可能性があります。
こうしたリスクがあるので、通常多くのクリニックでは日焼けした方や色黒肌の方にレーザーの熱量をやや下げて対応することがあり、時には脱毛施術をお断りすることもございます。

日焼け・色黒肌でも安全に脱毛する方法

肌が白くなるのを待つ

日焼けした方が脱毛する場合は、火傷のリスクを回避するため、肌の色が白くなるまで待ってから脱毛を行うのが基本となります。
しかし、肌の表面から日焼け跡が引いたように見えても、肌の内部には黒いメラニン色素が残っている場合もありますので、日焼け跡が引いてから余裕をもって1~2か月ほど空けて施術を行います。

日焼け肌に適用できる蓄熱式レーザーで脱毛する

近年レーザー機器もどんどん進化していますので、以前よりはある程度色黒の肌にも対応できるようになりました。そんな日焼け・色黒肌に適用できるレーザー機器の一つとして「蓄熱式脱毛機」があります。
従来のレーザーは瞬時に高熱が出るため色黒肌には火傷のリスクが高いのですが、蓄熱式脱毛機は低めの熱を肌内部に蓄積して徐々に毛根部にダメージを与えていく仕組みなので、色黒肌でも火傷のリスクを抑えて脱毛することができます。

新宿マリアクリニックでも蓄熱式脱毛機の一つ「メディオスターNeXT PRO」を導入しております。日焼け・色黒肌で脱毛を検討されている方は、ぜひ当院へご相談ください。