医療レーザー脱毛機器の種類

東京都内に特に多いレーザー脱毛を行っているクリニック。何を基準に選んだら良いかわからず、困っている方もいらっしゃることでしょう。
価格や立地・評判など、様々な要素があると思いますが、扱っているレーザー機器に着目することもおすすめです。

今回は、新宿マリアクリニックが医療レーザー脱毛器の種類について解説します。クリニック選びに役立てていただければ幸いです。

「波長の長さ」がレーザーの種類を分ける

同じ医療レーザー脱毛でも、機器の種類によって脱毛効果に違いが生じます。

違いを分けるのは、レーザーの波長の長さ。波長の長短によって、肌や毛根組織への反応が変わります。今回は、日本のクリニックで使われることが多い、3種類のレーザー機器についてご紹介します。

最も波長が短い「アレキサンドライトレーザー」

アレキサンドライトレーザー「ジェントルレーズ」

アレキサンドライトレーザーは、今回紹介する3種類の中では最も波長が短い(755nm)レーザー。この755nmという波長がメラニンの多い日本人の肌質・毛質に最適とも言われていることから、日本でも使用症例が最も多く、長い実績があるレーザー機器です。太い毛や毛根がしっかりしている毛など、幅広い毛質に対応できます。

黒いメラニン色素に反応するという仕組みを取っているため、産毛の脱毛には適しませんが、毛の育成に関わる毛根や毛胞を的確・強力に破壊します。そのため、照射直後に毛が抜けるなど、速効性が高いというのも特記すべき点です。

またシミやアザの治療にも使われているため、脱毛効果だけではなく、シミやニキビ跡などの色素沈着や肌トラブルを改善する美肌効果も期待できるでしょう。

次に、照射範囲が広いため、照射漏れが起きにくいという点も注目すべき特徴と言えます。また2秒間に3発の照射が可能と施術時間も短縮できることでも大変評価されています。

ただし、波長が短いこともあり、痛みはやや強め。しかしその点をカバーして痛みをより軽減するためにも冷却装置がついている機器が多く、痛みを最小限に抑えることができます。

なお、この冷却装置で施術による炎症や痛みを軽減できるため、ダイオードレーザーの一部や光脱毛等の施術で必要となる「冷たいジェル」を使用する必要はありません。

ジェルを使用する脱毛施術では、ジェルにより皮膚がかぶれるなどのアレルギー症状を起こすケースも報告されています。お肌の保護という面では優れた作用をもたらすジェルではありますが、お肌が弱い方への施術でジェルによる炎症が懸念される場合、アレキサンドライトレーザーが選ばれることもあるのです。

また、アレキサンドライトレーザーでの医療脱毛を行う際に、麻酔を用意しているクリニックもありますので、痛みについての心配は、さほど必要ありません。

アレキサンドライトレーザーの代表的な機器として挙げられるのは、「ジェントルレーズ」や「アリオン」です。ちなみに新宿マリアクリニックで主に使用しているのは、この「ジェントルレーズ」。FDA(米国厚労省)に認可された安全な機器です。その効果や安全面を評価して導入するクリニックも多く、アレキサンドライトレーザーの中でも特に信頼性が高い機器だと言えるでしょう。

また新宿マリアクリニックでは、これまでにも数多くの脱毛施術を行ってまいりました。そのため、信頼できる機器の使用はもちろん、何よりも誇れるのは豊富な症例実績で培った技術力。多くの症例を元に、施術ケースに合わせて冷却時間や照射角度を細かく調整しながら、より高い脱毛効果を出せるよう心がけて施術を行っております。 新宿マリアクリニックこだわりの脱毛施術について詳しくはこちら >

産毛にも効果がある「ダイオードレーザー」

ダイオードレーザー「メディオスターNeXT PRO」

今回ご紹介する医療レーザー脱毛機3種類の中では、中間の長さの波長(810nm)を持つ「ダイオードレーザー」。近年、導入するクリニックが増えてきた注目のレーザー機器です。

アレキサンドライトレーザーと比べると波長が長く、さらには近赤外線を使用しているため、痛みや肌へのダメージが少ないことが特徴と言えるでしょう。また様々な肌質や毛質にも対応できる細かな設定が可能なので、色素の薄い産毛の脱毛にも効果があります。

しかし、効果が出るまでには少し時間がかかるという特徴も。照射から数週間かけて、徐々に毛が抜け落ちていく方が多いです。とはいえ、効果が現れやすい医療レーザー脱毛機器としても定評があります。

次に、ダイオードレーザーの種類についてご説明しましょう。
同じダイオードレーザーでも機械によって脱毛方法に差があるため、どのダイオードレーザー機器を使用しているかも注目していただきたいポイントです。

主な機器としては、この3種類が挙げられます。
・皮膚を伸ばしながら照射する吸引式の「ライトシェアデュエット」
・毛を包む組織に熱を反応させる蓄熱式の「ソプラノ」
・「ハヤブサ」とも言われる、バルジ領域と毛包組織2つに熱を貯めて脱毛する最新機器「メディオスターNeXT」

なかでもソプラノやメディオスターの施術は、照射部分にジェルを塗布してから行います。
これには2つの意味があり、その1つが痛みを軽減する効果です。元々痛みが少ないという特徴を持つダイオードレーザーではありますが、ジェルで照射部分を冷却しながら施術することにより、より痛みを心配せず脱毛に臨むことができます。
2つ目は、ハンドピースの潤滑。皮膚に滑らせるように照射を行うことで、よりスピーディーに照射できる上に、照射漏れのリスクも軽減されます。

さらに新宿マリアクリニックで導入している「メディオスターNeXT PRO」は、「メディオスターNeXT」のなかでも上位機種で、照射口が広いという特徴を持っているため、短時間で施術を行うことができます。

また、医療レーザーは毛根を完全に破壊する効果を持っている物が一般的ではありますが、メディオスターが働きかけるのは、毛根に栄養を与える『バルジ領域』。つまり、毛の成長を促す成分を持っている部分です。この部分を破壊すると、毛根に栄養が行き渡らず、毛が生えなくなります。

バルジ領域は毛根より浅い部分にあるため、強い出力は必要ありません。比較的弱い照射パワーでじっくりと熱を与えます。お肌に与えるダメージも最小限で済むので、痛みに弱い方はもちろん、敏感肌の方にも安心して施術を受けていただけるかと思います。
なお、皮膚表面のメラニン(黒い色素)に反応するという仕組みではありませんので、軽い日焼け肌でも脱毛可能です(※日焼けの程度・症状にもよります)。硬毛化リスクも少ない上に、すでに硬くなったムダ毛でも脱毛効果を期待できます。 脱毛による硬毛化について詳しくはこちら >

深い毛根にも届く「ヤグレーザー」

最も波長が長い(1,064nm)レーザーである「ヤグレーザー」は、皮膚の奥深くまで光を届けることができます。濃く太いムダ毛に最適で、VIOやワキの毛はもちろん、男性の濃いヒゲにも向いている機器です。色素に反応しにくく、こちらも日焼けの程度にもよりますが、日焼けした肌や色黒の方でも脱毛できる点も魅力と言えます。

難点は、照射範囲が狭いこと。また、色素に反応しにくいため、産毛には効果が薄いです。アレキサンドライトやダイオードと比べると威力が小さいため、脱毛効果が弱く、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットもあります。こういった懸念点もあってか、導入しているクリニックは少ないのですが、他の医療レーザー脱毛機器に比べてメラニン色素への反応があまり強くはないため、肌ダメージが少ないという特徴も。そのため、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーの補助として、刺激に弱い方に対応できるよう導入しているクリニックもあります。とはいえ、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーのなかでも、近年主流となっている機種では、いずれも肌ダメージが少なくなるよう作られているため、この点のヤグレーザーとの差はあまり大きくはありません。

またヤグレーザーを使用する機器の代表としては、「ジェントルヤグ」や「クールグライド」が挙げられるでしょう。

機器の種類だけでクリニックを選んで良い?

ここまでお読みくださった方の中には、
「このレーザーで脱毛したいから、この機器があるクリニックで脱毛しよう!」
と考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、扱っているレーザー機器の種類だけでクリニックを選ぶことは避けた方が良いでしょう。

重視すべきは、扱っているレーザー機器をどれだけ活かせているかどうか。多くのレーザーを保有していても、患者様に合わせて使い分けできていないと意味がありません。そのレーザーを用いた脱毛症例が多いかどうかも重要です。

「これで脱毛したい」と考えていたレーザーが、あなた自身や、今回脱毛したい部位には合わない可能性もあります。豊富な実績の元、一人ひとりの肌質・毛質や部位によって機器を使い分けているクリニックがおすすめです。

新宿マリアクリニックでは、グループ累計5,000を超える豊富な症例を元に、アレキサンドライトレーザー「ジェントルレーズ」とダイオードレーザー「メディオスターNeXT PRO」を使い分け。カウンセリングを重視し、事前に患者様の肌質や痛みへの不安をしっかり確認した上で最適な機器を選び、照射角度・強度を調節しながら施術を行います。機器について気になる点やご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。