脱毛の副作用

医療レーザー脱毛を受けると、レーザーの熱によって肌に赤みや腫れなどの炎症が起きたり、毛嚢炎と呼ばれるニキビのようなものができたりといった副作用が発症する可能性がございます。
今回は、副作用の症状とその対処法についてご紹介いたします。

副作用1. 赤みや炎症

医療用レーザーは熱で毛根の組織を破壊することで脱毛効果を生じさせる仕組みですが、その際、毛根周辺の皮膚が熱によって軽い炎症を起こし、赤みや腫れといった症状がでてしまうことがあります。特に皮膚の薄い部分や、VIOやワキなど濃い毛が生えている部分は、赤みがでやすい傾向がありますが、大抵の場合、当日中か2,3日で症状は治まります。

新宿マリアクリニックでは、患者さまに合わせた“オーダーメイド脱毛”の取り組みの一環として、痛みが気になる方や赤みが出やすい方には、施術中にレーザーの出力を弱めたり、冷却時間を多めにとったりして、赤みが早くおさまるよう柔軟に対応させていただきます。

赤みや炎症が出た場合の対処法

赤みが出ている状態は、まだ肌にレーザーの熱が残っている状態といえます。その場合は、冷たく濡らしたタオルや保冷剤などで患部の熱を冷ましてください。
新宿マリアクリニックでは初回の脱毛時に赤みや腫れを鎮静化する軟膏をお渡ししております。赤みが出ている期間は必ずこの薬を塗布していただければ数日で治まります。
万が一、軟膏を塗っても赤みや炎症がおさまらない場合はご遠慮なくご相談ください。

副作用2. 毛嚢炎(ニキビ)

毛嚢炎とは、ニキビのようにぷっくりと膨らむ白または赤色のブツブツです。
毛嚢炎ができる原因としては、レーザーの熱によって毛包が傷つき、肌の常在菌であるブドウ球菌に感染して発症します。また、毛嚢炎は脱毛の時だけでなく、カミソリ等でのムダ毛処理によってできる可能性もあります。
毛嚢炎が出た場合はすぐにクリニックへご連絡ください。症状を診察したうえで適切に処置させていただきます。

毛嚢炎の予防法

毛嚢炎は菌の感染によって発症する症状なので、自分の身の回りを清潔に保つことで予防することができます。たとえば、寝具のシーツをこまめに洗濯したり、汗をかいたらシャワーをきちんと浴びたりといったことで毛嚢炎のリスクはかなり減少します。

脱毛の副作用を防ぐための取り組み

医療レーザー脱毛による副作用のリスクを少しでも減らすため、新宿マリアクリニックでは患者様の肌質や毛質に関するお悩み、ご不安な点を事前のカウンセリングでしっかり把握するよう努めております。
また、マリアクリニックグループでは、カウンセリングの中で解決しきれなかった問題点や課題を随時グループ院と共有する勉強会を開き、適切な解決方法を探ってきましたので、新宿マリアクリニックにも副作用の対処法に関するノウハウがたくさんございます。
脱毛前後でご不安な症状や疑問がありましたら、御遠慮なくご相談ください。