医療レーザー脱毛の仕組み

メラニンに反応するレーザーで実現する永久脱毛

医療レーザー脱毛とは、メラニン色素(黒い色)に反応する特殊なレーザーを使用した脱毛施術です。レーザーはムダ毛の黒い色に反応して熱を発し、毛を生やす組織にダメージを与えます。

エステの光脱毛でも、メラニン色素に反応する光エネルギーを発する機械が使われています。しかし、そのパワーはレーザーとは比べると大変弱く、毛を生やす組織に十分なダメージを与えることができません。

そもそも、脱毛は医療行為です。毛を生やす組織に十分なダメージを与え、破壊することができるのは、医療機関で行う医療レーザー脱毛だからこそ。自己処理が必要ない永久脱毛の状態は、クリニックだからこそ実現できる効果です。

今回は、高い脱毛効果を実現する医療レーザー脱毛の仕組みについて、新宿マリアクリニックが詳しく解説いたします。

ムダ毛だけに反応する医療レーザー脱毛の仕組み

レーザー治療とは、特定の色や物質に反応するレーザーの特徴を生かした治療法です。医療脱毛で使用するレーザーには、黒い色(メラニン色素)に反応する波長が利用されています。

レーザーはメラニンに反応すると熱を発し、毛根まで伝わって毛の組織を破壊します。メラニン以外には反応しないので、表皮や周辺の組織・細胞にはダメージはありません。

また、一度破壊された組織は復活しません。これにより、永久的な脱毛効果を得ることができます。

医療レーザー脱毛の仕組み

レーザーによる脱毛の流れ

複数回レーザーを照射することで毛周期に対応

毛周期とは?

毛は3つのサイクルを繰り返しており、これを「毛周期」といいます。毛周期の長さは部位によって異なり、女性の場合、毛髪は約4~6年、わき毛は2ヵ月程でサイクルを一周します。

普段私たちの目に見えているのは成長期と退行期の毛だけですが、皮膚の下には休止期の毛が隠れています。わき毛の場合、目に見える毛は全体の約30~40%ほどでしかないのです。

さらに、医療レーザー脱毛が効果を発揮するのは、そのうちメラニン色素を多く含む成長期の毛のみです。成長期以外の毛には、ダメージを与えることができません。

毛周期とは?

レーザー脱毛は1回では終わらない

休止期・退行期にある毛も、時間が経つと成長期に入ります。そのため、医療脱毛で自己処理が必要ない永久脱毛の状態を実現するには、複数回レーザーを照射する必要があるのです。

毛周期の移り変わりに合わせてレーザーを照射し、その時点で成長期を迎えている毛にダメージを与えていきます。回数を重ねていくごとに、毛の量が減っていくのを実感いただけるでしょう。

必要な回数は脱毛部位や一人ひとりの毛質・肌質により差がありますが、5~6回照射する方が多いです。あらかじめ、必要な回数がセットになっているコースを選んでレーザー脱毛をスタートすると良いでしょう。新宿マリアクリニックでも、5回コースをご用意しています。

施術が1回では終わらない、という点はエステ脱毛と同じですが、パワーが弱いエステ脱毛の場合、毛が減ったような効果を感じるまでに必要な回数が多くなることがほとんどです。中には、10回以上照射しても「効果を感じることができなかった」という方もいらっしゃいます。

レーザー脱毛は1回では終わらない

医療レーザー脱毛に危険性はない?

強い力で毛根にダメージを与える医療レーザー脱毛。強力な分、リスクもあります。

照射時の痛みや、治療後の赤み・火傷などの肌トラブルが起きる可能性は、ゼロではありません。しかし、施術を行うクリニックの技術力次第で、そのリスクは大幅に軽減できます。
また、万が一の場合もアフターケアが充実しているクリニックであれば安心ですね。

新宿マリアクリニックでは、初回のカウンセリング時にレーザー脱毛の仕組みだけではなく危険性についても詳しくご説明いたします。グループで脱毛施術に取り組んできた10年以上の経験を元に一人ひとりのお悩みに向き合い、解決を目指します。もちろん、肌トラブルが起きた場合の再診・お薬代はいただきません。

今回ご説明した以外にも、脱毛についての疑問や不安な点がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。カウンセリングは無料です。

医療レーザー脱毛に危険性はない?

ページの先頭へ戻る