わきの臭い・わきが対策

「わきの臭いで周りが不快な思いをしているのでは」
「もしかしたら、わきがかもしれない」
そんな風に感じると、なかなか自由に過ごすことができませんよね。

今回は、わきの臭いが気になった時におすすめの対策法をご紹介いたします。わきが体質ではない人にも有効なので、夏だけ汗臭さが気になる、といった方も参考にしてください。

雑菌の繁殖を抑えることが重要

わきの臭いが強くなるのは、雑菌が繁殖するから。
わきが体質ならば臭いがきつい汗が出ますし、そうでなくとも、雑菌と汗が混ざると不快な臭いを発します。臭い対策のポイントは、雑菌の繁殖を抑えることです。

制汗剤を適切に使用する

夏が近づくと、ドラッグストア・薬局の店頭に多く並ぶ制汗剤。こちらを適切に使い汗や雑菌を抑えることは、医学的に見ても有効です。ただし、制汗剤の成分が肌や毛穴に残ってしまわないよう、きちんと落としましょう。

わきを清潔に保つ

汗をこまめに拭くよう心がけるなど、わきを清潔に保つことも重要です。シャツや下着を替えたり、通気性の良い服を着たり、身に付けるものに気をつかうのも良いでしょう。

また、お風呂にしっかりつかることも大切です。お風呂につかることで、雑菌の繁殖を促す毛穴の皮脂やタンパク質を落とすことができます。お風呂で汗をかくことも、臭いを抑える上では有効です。普段から汗をかくことで、老廃物が溜まりにくい、菌が繁殖しにくい状態を保てます。

臭いを強める生活習慣を改める

食生活など、生活習慣を見直すことで臭いを抑えられる可能性があります。

和食中心の食生活に

臭いを強める代表的な食べ物に含まれるのは、肉類・乳製品などの動物性タンパク質や、油分の多い揚げ物・ジャンクフードなどです。

動物性タンパク質と脂質を豊富に摂る肉類中心の食生活は、わきがの原因となるアポクリン腺を刺激し、臭いを強くします。臭いが気になるのであれば、野菜が多い和食中心の食生活を心がけましょう。野菜は、体臭の原因となる便秘の予防にも効果を発揮します。

体臭が強くなる原因の一つには、体が酸化し抵抗力が落ちているという点も考えられます。梅干しや海草類など、アルカリ性の食材を積極的に摂ることも効果的です。

お酒・タバコを控える

アルコールやニコチンには、体臭を強める効果があります。わきが体質の人にとっては、アポクリン腺を刺激する憎い存在です。禁煙や禁酒(節酒)を心がけましょう。

病院で治療するという選択肢もあります

様々な対策を行っても効果が出ない場合は、病院で治療することをおすすめします。

治療には、様々な種類があります。

アポクリン腺を手術で除去する剪除法

剪除法(せんじょほう)は、わきを切開し、アポクリン腺を一つ一つ除去する手術。わきが治療の中では、唯一保険が適用できる方法です。

新宿マリアクリニックでは、テレビにも取り上げられた「わきが博士」と呼ばれるわきが治療の第一人者、金丸院長を中心に、傷跡が目立ちにくい、高度な剪除法手術を行っています。

剪除法について詳しくはこちら

切らない最新治療ミラドライ

ミラドライは、電子レンジなどに使われるマイクロウェーブの力を使用して汗腺にダメージを与える治療法。皮膚を切る必要がないため、傷跡が残らず、治療後のダウンタイムもほぼありません。手術と同じく、効果は半永久的。汗の量を抑える効果もあります。

当院では、ミラドライを独自改良し、副作用の軽減・効果増大を実現した「マリア式ミラドライ」を提供しています。

ミラドライについて詳しくはこちら

一時的に汗を抑えるボトックス注射

汗の量が気になるのであれば、傷跡が残る心配なく汗腺の働きを一時的に抑えることができる手軽なボトックス注射がおすすめ。効果は約3ケ月~半年と一時的ですが、即効性が高い治療です。

ボトックス注射について詳しくはこちら