脱毛の痛みに関する体験談

新宿マリアクリニックで行っている、脱毛時の痛みを軽減する取り組みと実際に脱毛された患者さまの体験談をご紹介します。

脱毛時の痛みを軽減する取り組み

脱毛時に感じる痛みは、レーザーを照射したときの熱によるものです。
痛みの程度は、人それぞれ異なりますが、一般的には輪ゴムで弾かれたような痛みだと言われています。
新宿マリアクリニックでは、脱毛時の痛みを軽減するためさまざまな取り組みを行っています。中でも効果的な3つの方法をご紹介します。

1.脱毛直前の冷却で痛みを軽減

レーザーで照射する部位を施術前に冷却しておくことで、熱による痛みを和らげることができます。新宿マリアクリニックで扱うアレキサンドライトレーザーは、レーザーを照射する直前に冷却ガスを噴射することで、表皮を麻痺させ脱毛時の痛みを和らげます。

2.痛みを軽減できる最新脱毛機器を使用

当院では、脱毛時の痛みを与えない「メディオスターNeXT PRO」という最新の脱毛機器を導入しています。メディオスターは、従来の脱毛機器のように瞬時に高温の熱を与えるのではなく、低い温度の熱を蓄熱させることで、熱による痛みを軽減することが可能です。

3.脱毛前に十分な保湿をすることで痛みを軽減

お肌が乾燥している状態で脱毛を行うと強く痛みを感じることがあります。ですから、脱毛前はご自宅でお肌の保湿をすることをお勧めします。

実際の体験談

新宿マリアクリニックで実際に脱毛施術をされた患者さまの体験談をご紹介します。

全く痛みはなかったです

新宿マリアクリニックで脇、足腕全体とVIOの脱毛をお願いしました。施術時間は1時間半程度だったと思います。元から痛みに鈍いらしく、痛みは一切感じなかったです。霧吹きを近距離でかけられている感覚で、じれったいような痒みを感じましたが苦痛ではなかったです。

温かいと感じた

メディオスターという機器を使いましたが、「ほんのり温かい程度」で痛みに弱い私でも大丈夫でした!これなら継続して通えそうです。

いつの間にか終わっていた

事前のカウンセリングで「ゴムで弾いたような痛みがある」と聞いていたので、ドキドキしました。しかし、スタッフの方が気さくでいろいろな話をしてくださったので気が紛れて、痛みをほとんど感じないまま終わっていました。