脱毛完了までの期間

新宿マリアクリニックにいらっしゃる患者さまから、「脱毛はいつまでに終わりますか?」「なぜ1回の脱毛で終わらないのですか?」といったご質問をよく頂きます。
医療レーザー脱毛の場合、1回の施術でもその時生えている毛を脱毛させることはできますが、永久脱毛効果を出すには約1年ほどかけて脱毛する必要があります。その理由とほかの脱毛方法との違いなどを解説します。

毛周期に合わせて脱毛する

脱毛が1回で完了しない理由には、脱毛の仕組みと毛周期が関連しています。
レーザーや光による脱毛は、光線が黒い色素に反応することによって毛根がダメージを受け、脱毛する仕組みです。しかし、毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあり、レーザーが反応するのは成長期と呼ばれる毛のみ。成長期の毛は部位全体の約20%程度なので、1回の施術ですべての毛を脱毛することはできません。
毛周期には個人差や部位差がありますが、約2~3ヶ月ごとのペースで毛が生え変わります。したがって、そのペースに合わせて脱毛することで、部位全体の毛にレーザーを反応させることができ、脱毛が完了します。

医療レーザー脱毛では約1年で永久脱毛

医療レーザー脱毛の場合、5,6回程度脱毛するとほぼ永久脱毛効果が得られます。多くの場合、脱毛を進めるにつれて毛周期のサイクルが遅くなるので、約1年の期間が必要となります。
ただし、毛質や肌質が患者様によって異なることなどを考慮し、一人ひとりのペースに合わせて脱毛する必要があります。新宿マリアクリニックでは、最初のカウンセリングで肌質や毛質をしっかり診察し、脱毛完了までに必要な期間や施術回数などをオーダーメイドでご提案させていただきます。

光脱毛は終わらない!?

光脱毛はエステサロンで行われる脱毛方法です。
新宿エリアには脱毛エステがたくさんありますが、そもそも脱毛は医療機関にしか認められていないため、エステでは出力の弱い「光」を使って毛の浅い部分を刺激する施術を行っています。光には毛根を破壊するパワーがなく、永久脱毛が不可能なため多くの期間と回数がかかり、結果として契約期間内に終わらないこともあるようです。

当院の金丸院長は、「エステは終わりがこない脱毛で、クリニックは終わらせる脱毛」といいます。スタッフもその考えを受け、患者さまのご希望どおりの脱毛効果をスケジュール通りに出せるよう努力しております。