わきがは制汗剤でケアできる?

わきが特有の臭いは、制汗剤で抑えられる?

「汗の臭い・量を何とかしたい!」とお悩みなら、まずは気軽に使える制汗剤を思い浮かべるでしょう。

制汗剤は確かに汗の量や臭いをケアできますが、強い臭いがする「わきが」に対してどのくらい効くのでしょうか。
こちらについて、新宿マリアクリニックが詳しく解説いたします。

わきが臭の仕組み

わきが臭は、アポクリン腺からの汗が原因で発生する

まず始めに「わきが特有の臭いはどのようにして発生するのか?」という点をご理解ください。

汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺があります。
わきが臭は、アポクリン腺から出る汗が原因です。
アポクリン腺からの汗には、タンパク質や脂質など臭いのもとになる成分が含まれています。
この汗が皮膚表面の常在菌と混ざり合うことで、わきが臭は生じます。

「普通の汗」がわきが臭を強くする

エクリン腺からの汗は、わきが臭をキツくする

アポクリン腺からの汗だけでは、わきが臭はそこまで強くはなりません。
この臭いを悪化させるのが、エクリン腺から分泌される汗です。

エクリン腺から分泌される汗というのは、暑い時に全身から流れ出る、いわば「普通の汗」です。
アポクリン腺からの汗がベタベタしているのに対し、エクリン腺からの汗は99%が水分でサラサラとしています。

この汗には臭いのもとは含まれていませんが、臭いのもとを含んだベタベタの汗を薄めて皮膚に広げ、菌と混ぜる役割をするのです。
さらに、汗によってわきが蒸れ、雑菌も繁殖しやすくなります。

このようにして、わきから分泌される2種類の汗は相乗効果で強いわきが臭を生むのです。

わきが臭についてもっと詳しく 

制汗剤を使えば、わきがは治る?

制汗剤は、わきがを治療することはできない

先ほどの解説をふまえると、わきが臭を抑えるためには、アポクリン腺・エクリン腺からの汗や皮膚表面の雑菌を減らすことが大切だとお分かりいただけるでしょう。

制汗剤は、これらに対して一時的な効果をもたらすため、わきがの症状を一時的に抑えることができると言えます。
しかし、制汗剤は使い続けたとしても元の症状を落ち着かせないため、わきがを治すことはできません。

制汗剤を中心としたわきがケアを始めるとしても、「わきがの根本的な解決策にはならない」という点は認識しておきましょう。

「制汗剤」と「デオドラント」の違い

汗をケアするグッズとして、制汗剤の他にも「デオドラント」を耳にする機会もあるでしょう。
これらは、本来であれば別物です。

制汗剤

制汗剤の主な効果は、発汗量の抑制です。
制汗剤には、塩化アルミニウムやACH(クロルヒドロキシアルミニウム)などの汗を抑える成分が配合されています。
これらが汗の出口を塞いだり出口そのものを収斂(収縮)したりすることで、アポクリン腺・エクリン腺の両方から汗が出にくくなります。

デオドラント

デオドラントの主な効果は、臭いの抑制です。
皮膚の常在菌の繁殖を抑えることで、臭いのもとを含む汗や皮脂がわきが臭に変化するのを防ぎます。

本来、皮膚の常在菌は肌を守るために欠かせないものです。
しかし、常在菌の中でもブドウ球菌やコリネバクテリウム属の菌などは、わきが臭の原因となってしまいます。
これらがアポクリン腺からの汗や皮脂を分解すると、わきが独特の臭いを発する物質が生み出されるのです。

デオドラント作用のある成分には様々なものがありますが、特に効果が高く身近な成分としてミョウバンがよく知られています。

わきがには「制汗デオドラント」がおすすめ

クリームタイプの制汗剤は、効果が持続しやすい

本来であれば、制汗剤は発汗量、デオドラントは臭いに特化した製品です。
しかし、最近では「制汗デオドラント」を謳っている製品が多いことから、発汗量と臭いのどちらにも効くものを制汗剤とひとくくりに呼ぶ場合がほとんどです。

わきが臭をできる限り抑えるためにも、制汗剤を購入する際は、両方の効果が備わっているかどうか調べることをおすすめします。

なお、制汗デオドラント(制汗剤)の中でも、高い効果が期待できるのはクリームタイプです。
クリームは肌に密着するため、落ちづらく効果が持続しやすいという利点があります。
また、保湿効果がある製品も多く、肌を乾燥から守ることで臭いの原因となる皮脂の分泌を抑えます。

制汗剤のリスク

制汗剤は手軽に臭い対策ができる点がメリットですが、デメリットがあるのも事実です。

わきが臭の悪化

わきがと香料付きの制汗剤は相性が悪い

「わきが独特の臭いを消したい!」という思いから、香料付きの制汗剤を選ぶ方もいらっしゃいます。
しかし、フレグランスのような匂いや柑橘系などの香りは、わきが臭と混ざると独特な臭いに変化する恐れがあります。
リスクを避けるためにも、制汗剤は無香料を選ぶと安心です。

また、無香料の制汗剤を選んでも、毎日きちんと洗い落とさないと制汗剤が毛穴を塞ぎ細菌を繁殖させてしまいます。
この場合も臭いが強くなってしまいますので、注意が必要です。

肌荒れ

塩化アルミニウムは肌への刺激が強い

制汗剤に配合されている成分には、肌荒れの原因になるものも少なくありません。
その中でも塩化アルミニウムやエタノールは、発汗量や臭いに対する効果が高い反面、肌への刺激が強い成分です。
これらの成分は、肌の水分を奪い乾燥を招くだけでなく、肌を守る常在菌を必要以上に死滅させてしまいます。

また、制汗剤には銀やアルミニウムなどの金属成分が含まれているものも多く、これらが金属アレルギーを引き起こすこともあります。

このような背景から、制汗剤を使うと乾燥肌やかぶれ、かゆみなどの肌トラブルが生じかねないのです。

わきがを「治す」なら、治療を検討してみませんか?

新宿マリアクリニックでは、医師がわきが・多汗症のお悩みに寄り添います

制汗剤はわきが臭に有効ではあるものの、長期的に使い続けると肌に負担がかかります。
さらに、もとの症状は変わらないことから、今後もわきがと向き合い続けるのが前提です。

一方で、クリニックでわきがの根本的な原因である汗腺を破壊・除去すれば、わきがを治すことができます。
新宿マリアクリニックでは、わきがを根本から治す治療として、皮膚を切らずに治せる「ミラドライ」と、保険が適用になる「剪除法」の2種類をご提供しております。

また、まずは手軽な治療を受けたいという方には、ボトックス注射もおすすめです。
汗腺を破壊・除去することはできませんが、一度の施術で約半年間わき汗をブロックする効果があります。
最近では「毎日塗り直す必要がない制汗剤」の感覚で、注射を打つ方が増えています。

当院のわきが・多汗症治療についてはこちら

わきが・多汗症の無料相談はこちらから

新宿マリアクリニックでは、わきが・多汗症の無料カウンセリングを行っています。
お電話または予約フォームにてお申し込みください。

0120-51-1929

受付時間 10:00~19:00 水曜休診

ご来院が難しい方には、メールによる無料相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください。

新宿マリアクリニックのわきが・多汗症治療コラム

わきが・多汗症治療TOP

新宿マリアクリニックでは剪除法(保険適用)、わきボトックス、ミラドライの3種類の治療を行っています。

新宿マリアのわきが・多汗症治療を詳しく見る 

わきがのセルフチェック

自分で判断するのは難しい「わきが」。確認項目を参考に、セルフチェックしてみましょう。

わきがのセルフチェックを詳しく見る 

わきがの臭い対策

わきがの臭いが気になった時におすすめの対処法や、臭いに悩まず過ごすためのポイントをご紹介します。

わきがの臭い対策を詳しく見る 

わきが治療へのこだわり

わきが治療は「どこの病院でも同じ」ではありません。新宿マリアクリニックならではのこだわりをご紹介します。

わきが治療へのこだわりを詳しく見る 

わきがの基礎知識

「わきが」とは、わきの下から独特の臭いを発する症状・体質のことです。「多汗症」とは別物ですので、発汗量が多いから独特の臭いがするとは限りません。

わきがの基礎知識を詳しく見る 

わきがの原因と臭いが強くなる理由

実は、突然わきがになる人はいません。わきがになる原因や、臭いが強くなる理由を詳しく紹介します。

わきがの原因と臭いが強くなる理由を詳しく見る 

わきがは自分で治せる?

「治せるものなら、クリニックに頼らずに自分でわきがをなんとかしたい!」という方も多いのではないでしょうか。

わきがのセルフケアについて詳しく見る 

子ども・未成年のわきが治療

新宿マリアクリニックでは、小中学生のお子さまへのわきが治療もご提供しておりますが、治療法選びには注意が必要です。

子ども・未成年のわきが治療について詳しく見る 

わきがはわき脱毛で治る?

わき脱毛は、わきがを根本的に治すことはできませんが、わきが独特の臭いを軽減する効果は期待できます。

わき脱毛とわきがの関係を詳しく見る 

多汗症の基礎知識

多汗症とは、暑さや緊張など特定の条件下でない状態でも多量の汗をかいてしまう病気です。

多汗症の基礎知識を詳しく見る 

わき汗の黄ばみはわきがのせい?

わき汗によって黄ばみが生じる原因は複数ございます。そのひとつは、わきがの原因となる汗に含まれている色素成分です。

わき汗の黄ばみとわきがの関係を詳しく見る 

わきががうつるって本当?

わきがは風邪のように他人にうつることはありません。臭いが気になるのは、一時的に臭いがうつったか、元からわきが体質で何らかの要因で発症したと考えられます。

わきがの影響について詳しく見る